» 業界情報 » 危険化学品 » 中国「一社一品一コード」―危険化学品トレーサビリティコードの解読

中国「一社一品一コード」―危険化学品トレーサビリティコードの解読

日付: 2024-03-16   |    クリック回数: 73

2024年の辰年の初め、中国上海の危険化学品生産、輸入、運営企業が最も注目しているのは、上海が発表した「一企業一製品一コード」を基礎とする危険化学品の入出庫及び危険貨物の荷役情報化管理に関する通知です。

通知書に記載されているトレーサビリティコードは、NRCC危険物登録で生成されるQRコードと一致していますか? トレーサビリティコードはどのように貼付すればよいですか? どの製品にコードを付与する必要があるのか? 一緒に検討しましょう。

 

トレーサビリティコードの必須製品

1、「危険化学品目録(2015年版)」(以下、目録という)に掲載されている危険化学品;

2、「目録」第2828号の判定基準を満たす88品目のリスト入り危険化学物質(危険化学物質分類情報シート参照);

 

トレーサビリティコードの使用セッション

1、中国上海市内での生産、充填、流通、上海市内での化学品ラベルの交換

2、中国上海港から通関し、中国上海市の範囲内で流通する輸入危険化学品は、上海市の危険化学品経営(貯蔵施設、倉庫を含む)許可された企業倉庫に入った後、トレーサビリティコードを付与しなければならない

 

注意事項

1、要求に合致する危険品は、各商品のロットごとに独立してコードを割り当てます。これにより、特に品目数が多く、ロットが多い企業では、企業に余分な作業量が発生します。

 

2、危険化学品トレーサビリティコードは危険化学品安全情報コード(危険化学品の登録によって生成された二次元コード)ではなく、トレーサビリティコードは危険化学品安全情報コードの内容を含み、企業は危険化学品の流通の各セグメントで最小外装に危険化学品遡及コードを規範的に印刷し、貼り付ける必要があります。

 

3、コードの付与は中国国内にあっても、中国国外にあってもよく、ポリシーは輸入企業が輸入危険化学品の海外コードの付与を実施することを奨励し、海外コードの付与を実現する企業に対して、優先的に上海税関危険化学品通関検査「ホワイトリスト」企業に推薦し、通関検査減免優遇政策を享受します。

現在、危険品の輸入プロセスは比較的に緩やかで、ホワイトリストに組み入れることができれば、輸入企業にとっては良いことですが、海外でのコード割り当てを調整するのは難しく、国内でコードを割り当てることも中国企業のコストを増加させ、2つのコード割り当て方式は企業が自身の特徴に基づいて選択する必要があります。

 

4、危険化学品企業は原則として2024年12月31日までに危険化学品トレーサビリティコードの付与及び入出庫情報管理システムの構築を完成すべきです。政府は小規模・マイクロ危険化学品企業に無料の危険化学品トレーサビリティコード申請生成プラットフォームを提供します。

 

5、中国上海市応急局はすでに一部の地域で関連する訓練を実施しており、企業は関連通知に注目し、積極的に参加することができます。地域ごとに要求が異なるため、企業は特に所在地の関連トレーニング情報に注目しなければなりません。

 

 

お問い合わせ先:

新安潤(北京)コンサルティング有限公司

担当者:尹(イン)  携帯電話:(+86)158-0169-5345(WeChat ID対応)

北京拠点:北京市朝陽区東三環北路甲26号 博瑞ビルA座4階 D10

電話: +86-10-64710683

上海拠点:上海市閔行区浦星公路 800 号 中意国際ビル D308 室

電話:+86-21-60537628

メール:nar@china-reach.net

サイト:https://www.china-reach.jp

ラベル:

過去のニュース

  • サービスホットライン:+(86)-400-660-1329

    北京本部:中国北京市朝陽区東三環北路甲26号 博瑞ビル A 座4階 D10

    Tel: +86-10-6471-0683

    上海オフィス:中国上海市閔行区浦星公路800号 中意国際広場D308室

    Tel: +86-21-3478-3993

    広州オフィス:中国広州市番禺区興南ビル445号 合誠ビル6階612室

    Tel: +86-400-660-1329
    メール:nar@china-reach.net

    化学品法规前沿

    WeChat公式アカウント:
    「化学品法规前沿」
  • オンラインメッセージ

  • Service

    WeChat公式アカウント
    化学品法规前沿