» 業界情報 » 危険化学品 » 中国2023年版の「重点管理新規汚染物質リスト」の完全解説

中国2023年版の「重点管理新規汚染物質リスト」の完全解説

日付: 2023-08-13   |    クリック回数: 1,505

中国の国家生態環境部(MOE)が2023年3月1日に発効した「重点管理新規汚染物質リスト(2023年版)」には、14種類の新汚染物が含まれています。その中で、一部の既存の使用用途の禁止または制限措置に対しては過渡期を保留し、締切日は2023年12月31日となる。例えば短鎖塩化パラフィン2、得クローン及びそのシス異性体とトランス異性体は2024年1月1日から、生産、加工使用、輸出入を禁止する。

 

新しい汚染物質とは何?

新たな汚染物(Emerging contaminants、ECsと略称する)とは、最近発見されたり注目されたりして、生態環境や人体の健康にリスクが存在し、まだ管理に組み入れられていない、あるいは既存の管理措置がそのリスクを効果的に防止制御するには不十分な汚染物を指す。

このような物質の環境と健康リスクは比較的隠れされており、低用量で環境に入っても、人体の健康、環境の健康、環境の安全にリスクと隠れた危険をもたらす可能性がある。

 

行動の管理

中国は『リスト』に登録された新たな汚染物質に対して、禁止、制限、排出制限などの環境リスク管理措置を取っている。関連する法律・法規に基づき、各レベルの生態環境、工業・情報化、農業農村、商務、市場監督管理などの部門及び税関は、職責分業と法律に基づいて新汚染物の管理・管理を強化し、そして「重点管理新汚染物リスト」及びその禁止、制限、排出制限などの環境リスク管理・制御措置を随時公布する。

 

リストの解読

番号1〜9は、「持続性のある有機汚染物質に関するストックホルム条約」に明示された持続性有機汚染物質(POPs)である。持続性のある有機汚染物は環境持続性と生物蓄積性などの特徴があり、一旦環境に入ると分解しにくく、極めて低濃度でも大きな環境リスクを引き起こす可能性がある。契約履行の要件を総合的に考慮し、このような新しい汚染物に対して主に源の禁止または制限を主とする環境リスク管理措置をとり、代替品と代替技術の基本状況を総合的に評価し、生産企業とその下流産業チェーンに対する影響を分析し、一部の既存使用用途の禁止または制限措置に過渡期を残し、企業の完全な代替と管理部門の監督管理能力の向上に時間を設ける。

 

番号10-11は有毒有害大気汚染物質リストまたは有毒有害水汚染物質リストに登録されており、重点的な管理制御が必要な新しい汚染物質である。この2種類の新しい汚染物質は中国で生産量と使用量が大きく、用途が広い。関連の管理部門はすでにいくつかの用途・排出の管理措置を取っているが、環境リスクは依然として存在し、主に生産・使用企業からの点源排出と、関連製品の消費過程における環境排出に起因する環境リスクが中心となっている。主な環境リスクポイントに対応して、使用制限、製品含有量の制限、汚染物質の排出管理、環境リスクの早期警告などの環境リスク管理措置が採用され、主な環境リスクセグメントをカバーし、ライフサイクル全体を通じて環境リスクを予防・管理することを強調している。

 

番号12は、最近社会が注目している環境の内分泌インターフェロンで、ノニルフェノールである。中国では、ノニルフェノールは主に界面活性剤-ノニルフェノールポリオキシエチレンエーテルの製造に使用され、ごく一部は農薬添加剤として使用されている。主な環境リスクは、生産・使用企業からの点源排出と、使用過程における関連製品の環境排出による環境リスクに焦点を当てている。中国における現行の規制と連動して、3つの管理措置が採用されている。第1に、殺虫剤製品の製造における補助剤としてのノニルフェノールの使用禁止、第2に、ノニルフェノールエトキシレートの製造におけるノニルフェノールの使用禁止、第3に、化粧品の成分としてのノニルフェノールの使用禁止である。

 

番号13は、国内外において関心の高い抗生物質である。 抗生物質の環境ハザードは、主に環境を通じて耐性遺伝子が伝達されることによって引き起こされる耐性菌に関するものである。 主な環境リスクは、過剰で無秩序な使用による環境排出に焦点を当てている。 第一に、抗菌薬の販売と使用に関する国家の関連管理規定を厳格に実施し、過剰投与と無規制使用による環境排出を削減する。第二に、国家の有害廃棄物リストまたは有害廃棄物識別基準に従い、抗生物質製造工程で発生する抗生物質残留物の環境管理を実施する。第三に、「発酵医薬工業水質汚濁物質排出基準」とその他の関連排出管理要求を厳格に実施する。

 

番号14は、中国で段階的に廃止された残留性有機汚染物質であり、主要な環境リスク管理措置は、既存の発生源の禁止、固形廃棄物環境の管理、土壌汚染リスク管理の要求を引き続き厳格に実施することである。

 

重点管理新規汚染物質リストについて、ご質問ご要望あれば、nar@china-reach.net尹(イン)までご連絡ください。

 

お問い合わせ先:

新安潤(北京)コンサルティング有限公司

担当者:尹(イン)  携帯電話:(+86)158-0169-5345(WeChat ID対応)

北京拠点:北京市朝陽区東三環北路甲26号 博瑞ビルA座4階 D10

電話: +86-10-64710683

上海拠点:上海市閔行区浦星公路 800 号 中意国際ビル D308 室

電話:+86-21-60537628

メール:nar@china-reach.net

サイト:https://www.china-reach.jp

ラベル:

過去のニュース

  • サービスホットライン:+(86)-400-660-1329

    北京本部:中国北京市朝陽区東三環北路甲26号 博瑞ビル A 座4階 D10

    Tel: +86-10-6471-0683

    上海オフィス:中国上海市閔行区浦星公路800号 中意国際広場D308室

    Tel: +86-21-3478-3993

    広州オフィス:中国広州市番禺区興南ビル445号 合誠ビル6階612室

    Tel: +86-400-660-1329
    メール:nar@china-reach.net

    化学品法规前沿

    WeChat公式アカウント:
    「化学品法规前沿」
  • オンラインメッセージ

  • Service

    WeChat公式アカウント
    化学品法规前沿