各国GHS対応(SDS・ラベルの作成)
» 各国GHS対応(SDS・ラベルの作成)

中国GHSとは

GHSとはGlobally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicalsの略語である。ILO、OECE、国連が共同で制作したものです。2002年12月国連が出版しているGHS文書(GHSテキスト)の表紙が紫色なので通称パープルブックとも呼ばれています。

GHSは化学物質の分類及び表示に関する世界調和システムであり、主な内容は下記となります。

・健康有害性、物理化学的有害性と環境有害性の化学品の定義;

・既存の化学品リスク情報よりハザード分類基準を確立;

・正確なデータに基づいて作成した安全データシート(SDS)とラベルを通じて、川下ユーザーに製品のハザードと取扱いの注意点を伝達;

中国GHSの実施進展

法規種類 法規名 法規進展 法規要求
条例 危険化学品安全管理条例    2011年12月1日実施 危険化学品生産企業が化学品安全技術説明書と化学品安全ラベルを提供するべき、内容はGBの要求に該当するべきことを明確に規定されています。
方法

《危険化学品生産企業安全生産許可証実施方法》、《危険化学品登記管理方法》、《危険化学品経営許可証管理方法》《危険化学品安全使用許可証管理方法》全て安全監督部門の管理範囲となる;

《新化学物質環境管理方法》、《危険化学品環境管理登記方法》環境保護部の管理範囲と属する。

危険化学品生産企業安全生産許可証実施方法 2011年12月1日実施 危険化学品生産企業が方法要求により安全生産許可証を作るべきです。
危険化学品登記管理方法 2012年8月1日実施 危険化学品生産と輸入企業がNRCCで危険化学品登記するべきです。
危険化学品経営許可証管理方法 2012年9月1日実施 危険化学品経営企業が方法要求により経営許可証を作るべきです。
危険化学品安全使用許可証管理方法 2013年5月1日実施 《危険化学品安全使用許可業界リストに適用》中の企業が危険化学品を使用し、生産及び使用量が《危険化学品使用量の数量標準》に達する場合、この方法の規定により危険化学品安全使用許可証を取得します。
廃棄危険化学品汚染環境予防方法 2005年10月1日実施 危険化学品関連企業が方法要求により廃棄の化学品を処理します。
新化学物質環境管理方法 2010年10月15日実施 新化学物質通常申告は化学品分類、警告ラベルと警告性説明安全規範など国家関連基準により分類、ラベルと化学品安全技術説明書
危険化学品環境管理登記方法 2013年3月1日実施 危険化学品環境管理登記する。
標準 GB13690-2009:化学品分類と危険公示通則 2010年5月1日実施 GHSの要求により化学品危険性に対し分類する、GHSの要求により化学品危険性公示を規定する。
GB15258-2009:化学品安全ラベル編集規定 2010年5月1日実施、過渡期1年 この標準がGHS警告ラベルを採用し、化学品ラベルの用語と定義、ラベルの内容、制作と使用要求を規定された。
GB/T16483-2008:化学品安全技術説明書 内容とプロジェクト手順 2009年2月1日実施 SDSの書き方がGHSの標準によることを規定された。
GB190-2009:危険包装 2010年5月1日実施 危険品包装の関連要求に対し、国連第15回修正版の危険貨物運送規則の実施することを規定された。
26項目《化学品分類、警告ラベルと警告性説明安全規範》国家標準 2006年発表された国連のGHS転化 中国GHS中の各分類の種類

企業が中国GHSにおける責任と義務

責任と義務 対応企業 法規対応 備考
SDSとラベルの制作 全て危険化学品企業 化学品安全ラベル編集規定GB15258-2009、SDS国際基準GB/T16483-2008 中国GHS法規システムの構成により、ラベルとSDSの更新、及び危険化学品登記は全て中国GHSの実施における企業の責任と任務となる;

危険化学品環境管理登記管理部門は環境部化学品登記センター(CRC)

NRCCで危険化学品登記 危険化学品生産と輸入企業 《危険化学品登記管理方法》
安全生産許可証を作る 危険化学品生産企業 《危険化学品生産企業安全生産許可証実施方法》
工業製品生産許可証を作る 国家実行生産許可証制度の工業製品リストの危険化学品の企業 《中華人民共和国工業製品生産許可証管理条例》
安全使用許可証を作る 危険化学品使用企業 《危険化学品安全使用許可証管理方法》

《危険化学品安全使用許可業界リストに適用(2013版)》
《危険化学品使用量の数量標準(2013版)》

経営許可証を作る 危険化学品経営企業 《危険化学品経営許可証管理方法》
運送許可証を作る 危険品運送の企業に関わる 条例により既存運送関連条款と新規条例増加の水路運送制度及び有毒化学品運送条款操作
化学品廃棄 危険化学品関連企業 《廃棄危険化学品汚染環境防治方法》
危険化学品環境管理登記 危険化学品関連企業 《危険化学品環境管理登記方法》

 

我々のサービス

・国連GHS/中国GHS対応トレーニング

・中国GHS要求により製品分類の更新

・EUに該当の中国GHS要求のラベルと包装

・中国GHS要求に該当の化学品安全データシートSDS/MSDSの制作

・英語、ドイツ語、フランス語などの多言語バージョンとhtml,docなどの各格式のSDS/MSDS/ラベル

・既存SDS/MSDS/ラベル検査

・危険化学品登記の代行

・危険化学品環境管理登記の代行

 

我々の優位性

・国内で早期から国連GHSの研究

・中国GHSにおける深くの研究

・ほかの国のGHSの研究

・何万件以上のSDS/MSDS/ラベルの制作経験があり

・各国GHS管理部門良好な関係

 


(M)SDSの概要

MSDSは物質安全データシート(Material Safety Data Sheet)の英文略称であり、化学品安全説明書にも訳される。SDS (Safety Data Sheet)は、世界各国のGHS (Globally Harmonized system of classif-cation and labelling for chemicals)法で定められている企業の義務の一つである。SDSは特定の国ではMSDSと呼ばれているが、MSDSとSDSがサプライチェーン上で果たす役割は完全に一致している。

それは化学品の生産、貿易、販売企業が法律の要求に従って下流の顧客と公衆に提供する化学品の特徴に関する総合的な法律文書である。それは化学品の理化学パラメータ、爆発性能、健康への危害、安全使用貯蔵、漏洩処置、救急措置及び関連する法律法規などの十六項目の内容を提供する。

MSDSはメーカーがルールに沿って独自に作成できる。しかし、MSDSの正確性とコンプライアンスを確保するため、化学品の生産、流通、使用、保管などの過程における事故リスクを回避するため、企業は新安潤コンサルティングにMSDSサービスを提供することを提案した。

どんな場合(M)SDSが必要ですか?

国務院は新たに「危険化学品安全管理条例」(591号)を制定し、中国のMSDS及び安全ラベルの強制使用要求を法律の面から規定した。591号には、危険化学品製造業者は、当該生産した危険化学品に適合する化学品安全技術説明書を提供し、危険化学品包装(外装物を含む)に、包装内の危険化学品に適合する化学品安全ラベルを貼り付け又は貼り付けることが定められている。とともに、国家質検総局は2012年第30号公告や治安監総局『危険かも登録管理方法』(53号令)や生態環境部が『新化学物質環境管理方法』などの法規で危険も明確に指摘した6月の輸出入、危化品登録、新しい化学物質などの過程でなければmsdsの強制提供を要求した。

したがって、法律のレベルに化学物質の生産企業は6月の生産や操作、販売、経営、運送など、ライフサイクル全般にも不平を提供するmsdsが必要である。また、リスク回避の観点から、化学品関連企業もMSDSを重視し、政府、作業員、消費者、公衆に正しい化学品情報を伝達し、MSDS情報の誤りによる巨大な安全上の危険と法律リスクを回避する必要がある。

(M)SDS用途について

MSDSの用途は非常に広く、税関商検査、危険物登録、貨物通関、顧客の要求、国外通関と企業の安全管理などに利用できる

1、税関商検(成分が禁止物品に違反するかどうか)

2、貨物通関(制品運送要求を了解)

3、顧客の要求(地域によって法規が異なる)

4、企業の安全管理(製品の危険性の把握)

5、危険登録(厳格な安全監督管理の実施)

(M)SDSの有効期限

msds / sds明確な有効期限がない。しかしmsds / sds一辺倒のわけではない。が下记の場合、那須適時msds / sdsの更新内容:

1. SDS/MSDSが制定した法規の根拠及び要求が変更された時;

2. SDS/MSDSが対応する制品中の物質/配合比率/成分が変化する時;

3 . sdsが/ msds発見の製品に対する新しい危害性が生じた時;

4 . sds / msds物質を狙ったが,情報/エコロジー情報などの情報が更新の時。

MSDS/SDSの各国版

国際:国連GHS制度第6改訂版、ISO国際共通版

中国はgb版

米国:OSHAバージョン、ANSIバージョン

EUは、e clpバージョン、eec

カナダは、カナダのバージョンhpr、whmis

日本:根拠日本jis z 7253 2012

ニュージーランドは、根拠がニュージーランドhsnoバージョン

作成要求

安全技術マニュアル規定の16大項目は執筆の時、合併が勝手に削除またはその順に任意で変更できない。各項目を作成の要求や境界、レベルは”作成指針通り。うち16大項目を必須情報で、細部種目ごとの三つの選択ができる、表示[a]の者、必須情報を;表示[b]の者、この无数の場合には、无数にたいせつ原因(無資料、始まらない);表示[c]の者が、无数によると、同監督できる。

安全技術说明书の本文を采简捷、明瞭で、分かりやすいの规范汉字表。数字の資料を正確に信頼する、システムを全面的に。

iso国際通用バージョンのmsds計16件の情報で構成し、この16項目は、それぞれ

1、品の名称とメーカーの情報は、主要表示品の名称、生産企業の名前、住所、’や電話、応急電話、ファックス、電子メールのアドレスなどの情報。

2、化学構成情報:表示同品は純品は混合物。純品を与えなければならない、その品名や商品名やgm人。混合物に対してなら、危害分かれの濃度や濃度の範囲。

3、危害情報:ブリーフィング概括本品の最も重要な危害と効果。

4、応急措置は、作業員を指す意外の傷ついた時、必要な措置を現場の自助や互救のブリーフィングの処理方法。

5、消防措置は、主は品の物理学と化学と特殊危険、鎭火媒体に适し、不適切な鎭火儲器、消防隊員の个体防護などの情報を。

6、応急処置は流出と品が流出した後、現場を採用の応急措置、注意事項を简単に有効と解消方法。

7、操作と保存し、主とは品の操作の処置と安全側の情報保存。

8、接触統制と個人の防護措置は、処置操作、运搬や生産品の使用作業の過程で、作業員の保護のために品の害からの防護方法と措置を取った。

9、谁の特性は、主に描いた品の外観と谁の性格などについての情報。

10、安定性や反応の活性:叙述主品の安全性と反応活性側の情報。

11、情報は,毒品,毒の情報を提供している。

12、エコロジー情報は、主要供述品の環境生態効果、行為と转归。

13、廃棄処分:とは品に汚染された包装に対すると無価値の品の安全処理方法を使う。

14、運送情報は、主に国内と国際品包装し、運送を指すの要求および運送規定の番号と分類した。

15、法規情報は、主に品管理に関する法律の条項と基準。

16、他の情報は、主要提供他の情報安保に重要な意味を持つ。

この16項情報があって、私たちは、生産や過程に関わる品の使用や保存処理が根拠があって、msdsの執行関連要求どおりすればいい。

  • 全国サービスホットライン:+(86)15801695345

    北京本部:中国北京市朝陽区東三環北路甲26号 博瑞ビル A 座4階 D10

    Tel: +86-10-6471-0683 尹(イン):(+86)158-0169-5345(WeChat ID対応)

    上海オフィス:中国上海市閔行区浦星公路800号 中意国際広場D308室

    Tel: +86-21-6053-7628

    広州オフィス:中国広州市番禺区南村鎮万博四路 海大ビル1号館803室

    Tel: +86-400-660-1329
    メール:nar@china-reach.net

    化学品法规前沿

    WeChat公式アカウント:
    「化学品法规前沿」
  • オンラインメッセージ

  • Service

    WeChat公式アカウント
    化学品法规前沿