各国GHS対応(SDS・ラベルの作成)
» 各国GHS対応(SDS・ラベルの作成)

中国GHSとは

GHSとはGlobally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicalsの略語である。ILO、OECE、国連が共同で制作したものです。2002年12月国連が出版しているGHS文書(GHSテキスト)の表紙が紫色なので通称パープルブックとも呼ばれています。

GHSは化学物質の分類及び表示に関する世界調和システムであり、主な内容は下記となります。

・健康有害性、物理化学的有害性と環境有害性の化学品の定義;

・既存の化学品リスク情報よりハザード分類基準を確立;

・正確なデータに基づいて作成した安全データシート(SDS)とラベルを通じて、川下ユーザーに製品のハザードと取扱いの注意点を伝達;

中国GHSの実施進展

法規種類 法規名 法規進展 法規要求
条例 危険化学品安全管理条例    2011年12月1日実施 危険化学品生産企業が化学品安全技術説明書と化学品安全ラベルを提供するべき、内容はGBの要求に該当するべきことを明確に規定されています。
方法

《危険化学品生産企業安全生産許可証実施方法》、《危険化学品登記管理方法》、《危険化学品経営許可証管理方法》《危険化学品安全使用許可証管理方法》全て安全監督部門の管理範囲となる;

《新化学物質環境管理方法》、《危険化学品環境管理登記方法》環境保護部の管理範囲と属する。

危険化学品生産企業安全生産許可証実施方法 2011年12月1日実施 危険化学品生産企業が方法要求により安全生産許可証を作るべきです。
危険化学品登記管理方法 2012年8月1日実施 危険化学品生産と輸入企業がNRCCで危険化学品登記するべきです。
危険化学品経営許可証管理方法 2012年9月1日実施 危険化学品経営企業が方法要求により経営許可証を作るべきです。
危険化学品安全使用許可証管理方法 2013年5月1日実施 《危険化学品安全使用許可業界リストに適用》中の企業が危険化学品を使用し、生産及び使用量が《危険化学品使用量の数量標準》に達する場合、この方法の規定により危険化学品安全使用許可証を取得します。
廃棄危険化学品汚染環境予防方法 2005年10月1日実施 危険化学品関連企業が方法要求により廃棄の化学品を処理します。
新化学物質環境管理方法 2010年10月15日実施 新化学物質通常申告は化学品分類、警告ラベルと警告性説明安全規範など国家関連基準により分類、ラベルと化学品安全技術説明書
危険化学品環境管理登記方法 2013年3月1日実施 危険化学品環境管理登記する。
標準 GB13690-2009:化学品分類と危険公示通則 2010年5月1日実施 GHSの要求により化学品危険性に対し分類する、GHSの要求により化学品危険性公示を規定する。
GB15258-2009:化学品安全ラベル編集規定 2010年5月1日実施、過渡期1年 この標準がGHS警告ラベルを採用し、化学品ラベルの用語と定義、ラベルの内容、制作と使用要求を規定された。
GB/T16483-2008:化学品安全技術説明書 内容とプロジェクト手順 2009年2月1日実施 SDSの書き方がGHSの標準によることを規定された。
GB190-2009:危険包装 2010年5月1日実施 危険品包装の関連要求に対し、国連第15回修正版の危険貨物運送規則の実施することを規定された。
26項目《化学品分類、警告ラベルと警告性説明安全規範》国家標準 2006年発表された国連のGHS転化 中国GHS中の各分類の種類

企業が中国GHSにおける責任と義務

責任と義務 対応企業 法規対応 備考
SDSとラベルの制作 全て危険化学品企業 化学品安全ラベル編集規定GB15258-2009、SDS国際基準GB/T16483-2008 中国GHS法規システムの構成により、ラベルとSDSの更新、及び危険化学品登記は全て中国GHSの実施における企業の責任と任務となる;

危険化学品環境管理登記管理部門は環境部化学品登記センター(CRC)

NRCCで危険化学品登記 危険化学品生産と輸入企業 《危険化学品登記管理方法》
安全生産許可証を作る 危険化学品生産企業 《危険化学品生産企業安全生産許可証実施方法》
工業製品生産許可証を作る 国家実行生産許可証制度の工業製品リストの危険化学品の企業 《中華人民共和国工業製品生産許可証管理条例》
安全使用許可証を作る 危険化学品使用企業 《危険化学品安全使用許可証管理方法》

《危険化学品安全使用許可業界リストに適用(2013版)》
《危険化学品使用量の数量標準(2013版)》

経営許可証を作る 危険化学品経営企業 《危険化学品経営許可証管理方法》
運送許可証を作る 危険品運送の企業に関わる 条例により既存運送関連条款と新規条例増加の水路運送制度及び有毒化学品運送条款操作
化学品廃棄 危険化学品関連企業 《廃棄危険化学品汚染環境防治方法》
危険化学品環境管理登記 危険化学品関連企業 《危険化学品環境管理登記方法》

 

我々のサービス

・国連GHS/中国GHS対応トレーニング

・中国GHS要求により製品分類の更新

・EUに該当の中国GHS要求のラベルと包装

・中国GHS要求に該当の化学品安全データシートSDS/MSDSの制作

・英語、ドイツ語、フランス語などの多言語バージョンとhtml,docなどの各格式のSDS/MSDS/ラベル

・既存SDS/MSDS/ラベル検査

・危険化学品登記の代行

・危険化学品環境管理登記の代行

 

我々の優位性

・国内で早期から国連GHSの研究

・中国GHSにおける深くの研究

・ほかの国のGHSの研究

・何万件以上のSDS/MSDS/ラベルの制作経験があり

・各国GHS管理部門良好な関係

 

_______________________________________________

(M)SDSの紹介

MSDSとは、Material Safety Data Sheetの略で、化学品安全のための説明書と訳されることが多い。SDS(Safety Data Sheet)は、世界各国のGHS(Globally Harmonized system of Classifi­cation and labelling for chemicals)規制における企業の義務の一つである。SDSは、一部の国ではMSDSと呼ばれているが、サプライチェーンにおけるSDSの役割は、全く同じである。

これは、化学物質を製造、取引、販売する企業が下流の顧客や一般の人々に提供することが法律で義務付けられている、化学物質の特性に関する包括的な法的文書である。物理的・化学的パラメータ、可燃性・爆発性、健康被害、安全な使用・保管、漏出時の処理、応急処置、関連法規に関する情報を提供している。

MSDSは、メーカーが関連規則に基づいて作成することができる。しかし、MSDSの正確性とコンプライアンスを確保し、化学物質の製造、流通、使用、保管時の事故のリスクを回避するために、企業はMSDSサービスを新安潤コンサルティングに委託することをお勧めする。

 

どのような状況で(M)SDSが必要なのか?

国務院が新たに制定した「危険化学品安全管理条例」(政令591号)では、中国におけるMSDSと安全ラベルの使用義務を法律レベルから規定している。591号では、危険化学品の製造者は、製造する危険化学品に対応した化学品技術安全指示書を提供し、危険化学品の包装(外箱を含む)には、包装内の危険化学品に対応した化学品安全ラベルを貼付または添付しなければならないと明確に規定している。危険な化学物質の安全ラベルは、包装された危険な化学物質の包装(外箱を含む)に貼付または添付されていること。また、AQSIQの2012年公告第30号、労働安全総局の「危険化学品登録管理弁法」(政令第53号)、環境省の「新化学物質環境管理弁法」などの法規でも、輸出入、危険化学品登録、新化学物質登録の過程で、危険化学品にMSDSの提供を義務付けることが明記されている。

また、リスク回避の観点から、化学関連企業はMSDSに注意を払い、化学物質に関する正しい情報を政府、事業者、消費者、一般市民に伝え、巨大な 誤ったMSDS情報による安全性の低下や法的リスクを回避する必要がある。

 

(M)SDSの用途

MSDSは、税関検査、危険化学品の登録、貨物輸送業者による通関、顧客要求、外国での通関、企業の安全管理など、さまざまな目的で使用されている。
1、税関での検査(原料が禁制品であるかどうか)
2、代理元の税関申告書(製品の輸送条件を把握するため)
3、顧客の要求(地域によって規制が異なる)
4、企業の安全管理(製品の危険な特性を把握する)
5、危険予知登録(厳格な安全監視・管理の実施)

 

(M)SDSの有効期限

MSDS/SDSには明確な有効期限はない。しかし、MSDS/SDSは不変なものではありません。以下のような場合には、MSDS/SDSの内容を速やかに更新する必要がある。
1. MSDS/MSDSを作成するための規制根拠や要件事項が変更された場合。
2. SDS/MSDS の対象となる製品に含まれる物質/比率/成分が変更された場合。
3. SDS/MSDSの対象となる製品に新たな危険性が確認された場合。
4. SDS/MSDSの対象物質の毒性情報/生態情報などが更新された場合。

 

MSDS/SDS各国版

国際:UN GHS第六版、ISO国際共通版
中国:中国GB版
米国:OSHA版、ANSI版
EU:EU CLP版、EEC版
カナダ:カナダHPR版、WHMIS版
日本:日本JIS Z 7253:2012
ニュージーランド:ニュージーランドHSNO版

 

編集要件

技術的安全性説明書の十六項目は、作成時に自由に削除したり組み合わせたりすることができず、その順序も自由に変更することができない。各項目の記入条件、境界、レベルは「記入の手引き」による。項目のうち十六項目は必須項目で、各小項目には3つの選択肢がある。[A]と書かれた項目は必須項目、[B]と書かれた項目はデータがない場合、データの理由(情報がない、意味がないなど)を書く必要がある、[C]と書かれた項目はデータがない場合、これを省略することができる。
技術的安全性指示の内容は、簡単で、明確で、理解しやすい標準的な文字で表現されなければならない。数値情報は、正確で、信頼性が高く、体系的でなければならない。

ISO国際版のMSDSは、以下の十六項目の情報で構成されている。
1、化学物質名と製造者情報:主に化学物質名、製造者名、住所、郵便番号、電話番号、緊急電話番号、ファックス番号、電子メールアドレスなどの情報を記載する。
2、化学組成情報:その化学物質が純粋な化学物質なのか、混合物なのかを示す。純粋な化学物質については、その化学名または商品名、および一般名を記載する必要がある。混合物の場合は、危険成分の濃度または濃度範囲を示す必要がある。
3、危険有害性情報:化学物質の最も重要な危険性と影響についての簡潔な要約。
4、応急処置:作業者が事故で負傷した場合に、現場で自分やお互いを助ける簡単な処置方法を指す。
5、消火対策:主に化学物質の物理的・化学的な特別な危険性、適切な消火媒体、不適切な消火媒体、消火作業者の個人保護に関する情報を示す。
6、漏洩緊急処理:化学物質が漏洩した後、現場で使用できる簡単で効果的な緊急措置、注意事項、排除方法を指す。
7、運用・保管:主に化学物質の運用上の取り扱いや安全な保管に関する情報を指す。
8、曝露防止及び個人防護措置:化学物質の製造、取り扱い、廃棄、処理、使用の作業中に、化学物質の危険性から作業者を保護するためにとられる保護方法と措置。
9、物理的・化学的特性:主に化学物質の外観や、物理的・化学的特性に関する情報を記載する。
10、安定性と反応性:主に化学物質の安定性と反応性について記載する。
11、毒性情報:化学物質の毒性に関する情報を提供する。
12、生態学的情報:主に化学物質の環境生態学的影響、挙動、運命について記載する。
13、廃棄物処理:化学物質に汚染されたパッケージや利用価値のない化学物質の安全な処理方法を指す。
14、輸送情報:主に国内外の化学物質の包装・輸送に関する要求事項と、輸送規則の分類・番号付けを指す。
15、法規制情報:主に化学物質の管理に関する法的規定や基準など。
16、その他の情報:主に安全上重要なその他の情報を提供する。
これら十六項目の情報があれば、生産や使用の過程で関わる化学物質の使用、保管、取り扱いの基礎となり、MSDSの関連要求事項に沿って実施することができる。

 

  • 全国サービスホットライン:+(86)15801695345

    北京本部:中国北京市朝陽区東三環北路甲26号 博瑞ビル A 座4階 D10

    Tel: +86-10-6471-0683 尹(イン):(+86)158-0169-5345(WeChat ID対応)

    上海オフィス:中国上海市閔行区浦星公路800号 中意国際広場D308室

    Tel: +86-21-6053-7628

    広州オフィス:中国広州市番禺区興南ビル445号 合誠ビル6階612室

    Tel: +86-400-660-1329
    メール:nar@china-reach.net

    化学品法规前沿

    WeChat公式アカウント:
    「化学品法规前沿」
  • オンラインメッセージ

  • Service

    WeChat公式アカウント
    化学品法规前沿