» 業界情報 » 危険化学品 » 2024年に危険化学品「一社一品一コード」が中国でさらに普及実施

2024年に危険化学品「一社一品一コード」が中国でさらに普及実施

日付: 2024-03-02   |    クリック回数: 693

危険化学品の安全管理を強化し、危険化学品のトレーサビリティ管理をしっかり行い、危険化学品の事故を予防・削減するため、中華人民共和国危機管理部は2021年7月、広東省で危険化学品の「一企業、一製品、一コード」表示管理の試験的実施を主導しました。

試行作業を展開するため、広東省危機管理部門は「化学品登録の統合サービスシステムおよび「一企業・一製品・一コード」識別管理の適用に関する通知」(広東省緊急対応書[2021]第271号)を発布しました。試行業務の推進において、各有害化学品生産・輸入企業が生産・輸入する各有害化学品に対応する唯一の安全情報コードを付与し、危険化学品情報の効率的な伝達と危険化学品の精密な管理を実現することが求められています。広東省は率先して「一企業、一製品、一コード」の危険化学品の識別と管理を試験的に実施し、全国化学品システムの改善と推進に貴重な経験を提供し、危険化学品の出所管理を実現し、「一企業、一製品、一コード」の全国実施に十分な技術的準備を行いました。

中国における危険化学物質の「一企業、一製品、一コード」の重要性が高まるにつれて、蘇州、山東などの地域も試験作業を始めてきました。各地の試行業務の経験を蓄積した後、「一企業、一製品、一コード」は地元企業の注目を集め、改善されるだけでなく、他の省にも参考の役割を果たすようになりました。

2024年の開始直後から、北京、上海などの一流都市も「一企業一製品一コード」の危険化学品の出入庫と危険物取り扱いの情報管理を全面的に推進し、現地企業の種類と貿易の特徴に応じて、危険化学品の管理プロセス全体において、特に危険化学品の出入庫情報とサプライチェーン管理に重点を置き、各プロセルの情報と業務の連携を強化します。

新安潤コンサルティングは、危険化学品の新登録制度と「一企業、一製品、一コード」政策の各地の実施状況をまとめ、現在の実施状況や最新の動向を共有し、事前に理解し、対応に備えます。

 

一品一コード」とは?

「一社、一品、一コード」とは、各危険化学物質の製造業者または輸入業者が生産または輸入する各危険化学物質は、対応する一意の安全情報の二次元コード(安全情報コードと呼ばれる)を持たなければならないことを意味します。

生産、輸入企業は危険化学品の登録を完了した後、その登録された製品、輸入化学品はシステム中で自動的に安全情報コードを生成します。

企業は、商業秘密を保護したり、製品のサプライチェーン情報を維持する必要がある場合は、全国危険化学品登録統合サービスシステムを通じて申請することができ、その川上製品の危険化学品の登録番号を提供し、市や省レベルで承認された後、企業の識別情報を含む安全情報コードを生成します。

 

2024中国上海市が「一企業、一製品、一コード」の危険化学品出入・危険物取扱情報管理を全面的に推進

2024年2月、中国上海市応急管理局と上海市交通運輸委員会は、「危険化学品安全国家集中リスク管理方案」及び「上海市危険化学品安全管理弁法」に基づき、「上海市応急管理局と上海市交通運輸委員会は【一企業一製品一コード】に基づく危険化学品出入庫及び危険貨物取扱いの情報化管理の推進に関するの通知」(上海応急危険化学品[2024]第12号)を策定しました。上海市内で「一企業、一製品、一コード」に基づく危険化学品出入庫及び危険貨物取扱いの情報管理を推進し、各プロセスの情報と業務の接続を強化することを決定しました。

危険化学品の出入り庫と取扱いの情報管理には、危険化学品トレーサビリティコードの出所割り当ての実施、許可企業の危険化学品貯蔵情報の動態管理の全面的な推進、危険化学品の充填・検査管理の一層の実施、危険化学品トレーサビリティコードを利用しての受入・使用プロセスの管理強化などが含まれます。本政策の詳細については、弊社のウェブサイト記事をご参照ください。

 

中国北京市危機管理局が「危険化学品全工程トレーサビリティ管理技術仕様書」を制定

「危険化学品全プロセストレーサビリティ管理技術規範」では、トレーサビリティ参加者は、一律にトレーサビリティシステムを通じて、トレーサビリティラベルを申請し、ダウンロードすることが規定されています。危険化学品にボトル、箱、ケースなどの多層包装がある場合は、多層トレーサビリティラベルを適用します。

危険化学品生産企業は製品入庫前に包装ユニットに分けてトレーサビリティラベルを印刷、貼付しなければなりません。危険化学品の経営・貯蔵・使用機関はトレーサビリティラベルが貼付されていない危険化学品にトレーサビリティラベルを印刷てし貼付します。遡及参加者はトレーサビリティラベルのマルチレベルの関係に応じて貼り付ける必要があります。

 

中国山東自由貿易区煙台区は全省で率先して化学品の「コード監督管理」の新しいモデルを

中国煙台区は山東省の化学品「一社一品一コード」の標識化管理総合監督管理のパイロットをきっかけに、全山東省で率先して化学品「コード監督管理」の新モデルを打ち出し、リスクを低減した上で「サービス品質効果」と「生産効率」の両方の向上を実現します。

コード割り当てのスピードをアップしました。中国山東煙台エリアは、登録統合サービスシステムを利用して、化学品専用の「安全情報コード」を付与し、「認可・許可-監督-前工程生産-中間製品-輸送-最終顧客-廃棄物の処分とリサイクル」を実現し、ライフサイクル全体の情報相互の運用とトレーサビリティ管理を実現することで、化学物質の有害特性や総合的な情報を「連鎖的」に迅速に伝達ことが可能となり、化学品の安全管理の有効性と企業内の安全生産の効率を全面的に向上させることができます。

中国山東煙台エリアは動態管理メカニズムを革新的に確立し、危険化学品企業が生産、輸入するすべての危険化学品に対して、対応する唯一の安全情報コードを生成し、「一物一コード」の動態管理、安全管理、正確な管理を実現します。

 

中国広東省、「危険化学品安全情報コード適用規範」を発表

2023年12月6日、中国広東省応急管理サービス協会は団体標準「危険化学品安全情報コード適用規範」(T/GDYGX 001-2023)を発表し、2023年12月15日以降正式に実施されました。この適用規定は、危険化学品安全情報コードの適用を標準化し、危険化学品安全情報コードを通じて安全情報をよりよく伝達することを目的として、危険化学品安全情報コードの仕様と適用サンプルの詳細な説明を提供しました。

危険化学品を生産または輸入する企業は、危険化学品登録統合サービスシステムに登録を完了し、システムが自動的に生成した企業が生産または輸入する危険化学品に対応する危険化学品安全情報コードをダウンロードします。危険化学品安全情報コードをスキャンして識別することにより、危険化学品の安全情報を入手することができ、迅速かつ効果的な情報伝達を促進することができます。

 

新安潤コンサルティングからのアドバイス:

危険化学品企業は、原則として2024年12月31日までに危険化学品トレーサビリティコードの割り当てと出入庫情報管理システムの構築作業を完了する必要があります。企業は、危険化学品の各貨物のバッチごとに独立したコードの割り当てを実現するために、常に地方登録事務所の通知に注意を払う必要があり、危険品(危険化学品)企業は、関連する要件に従って危険品(危険化学品)の充填および検査の要件を実施する必要があります。

他省の企業は、まず生産・輸入された化学品の統計を照合し、SDSとラベルのコンプライアンスを検討しておきます。省または地域の管理局が発表・通知した後、迅速に登録変更を行い、登録情報を改善し、QRコードを作成して安全ラベルを更新し、危険化学品の内部包装および外部包装に印刷または貼り付けることできるようにします。

その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先:

新安潤(北京)コンサルティング有限公司

担当者:尹(イン)  携帯電話:(+86)158-0169-5345(WeChat ID対応)

北京拠点:北京市朝陽区東三環北路甲26号 博瑞ビルA座4階 D10

電話: +86-10-64710683

上海拠点:上海市閔行区浦星公路 800 号 中意国際ビル D308 室

電話:+86-21-60537628

メール:nar@china-reach.net

サイト:https://www.china-reach.jp

ラベル:

過去のニュース

  • サービスホットライン:+(86)-400-660-1329

    北京本部:中国北京市朝陽区東三環北路甲26号 博瑞ビル A 座4階 D10

    Tel: +86-10-6471-0683

    上海オフィス:中国上海市閔行区浦星公路800号 中意国際広場D308室

    Tel: +86-21-3478-3993

    広州オフィス:中国広州市番禺区興南ビル445号 合誠ビル6階612室

    Tel: +86-400-660-1329
    メール:nar@china-reach.net

    化学品法规前沿

    WeChat公式アカウント:
    「化学品法规前沿」
  • オンラインメッセージ

  • Service

    WeChat公式アカウント
    化学品法规前沿