» 業界情報 » 新化学物質 » インドの化学物質インベントリーが間もなく募集開始へ

インドの化学物質インベントリーが間もなく募集開始へ

日付: 2023-10-27   |    クリック回数: 355

最近、化学石油化学省(Department of Chemicals and Petrochemicals、DCPC、インド政府)は、インド化学物質インベントリ(Indian Inventory of Chemical Substances、ICCS)の募集を開始するという重要な通達を発表した。化学石油化学省(Department of Chemicals and Petrochemicals:DCPC)は、インド化学物質インベントリー(Indian Inventory of Chemical Substances:ICCS)の準備を積極的に進めている。このリストは、中国の既存の化学物質リストと同様の役割を果たすことになり、輸出入を必要とする化学企業に大きな影響を与える。

 

新安潤コンサルティングは、インドを市場ターゲットとする化学企業に対し、公式の意見募集のタイミングとプラットフォームにいち早く注目し、第一時間に準備を整えることをアドバイスしている。

 

この提案の主な目的は、化学・石油化学産業の振興である。生産、販売、購入、輸出入など、さまざまな化学分野に関わる化学物質に関する情報やデータを統一的に収集し、分析する。これらの物質に関する情報を収集することで、インド政府はすべての化学企業にとって有益な化学品プラットフォームを構築したいと考えている。

 

すべてのデータは毎年、毎月更新される。これにより、企業が化学物質の関連情報を収集するために投資する時間と労力が削減される。

 

インドの化学物質インベントリーとは?

インドの化学産業はインド政府にとって非常に重要である。インド化学物質インベントリーの目的は、化学・石油化学産業からリアルタイムでデータを収集、編集、分析することである。これにより、手作業によるデータ収集や保存にかかるコスト、時間、管理作業を削減することができる。

 

このプラットフォームは、リアルタイムのデータ収集を容易にし、迅速に情報を取得して分析できるように保証する。このプラットフォームは、インド全土の産業/機関のデータを一箇所で完全に統合することができる。直感的なインターフェイスで、企業組織は簡単にデータにアクセスし、提供することができる。物質の危険有害性の分類、重要な暴露経路、環境暴露などに関するデータの分析が可能になる。人工知能、機械学習、ビッグデータ解析などの最新ツールを取り入れ、データ処理能力を向上させる。

 

インド化学物質インベントリーには、主に以下のような利点がある:

1.現在の市場動向に基づいて迅速な対応

2.異なる地理的位置に基づく異なる情報の提供

3.コラボレーション機能の強化

4.データの管理と分析における精度と正確性の向上

 

お問い合わせ先:

新安潤(北京)コンサルティング有限公司

担当者:尹(イン)  携帯電話:(+86)158-0169-5345(WeChat ID対応)

北京拠点:北京市朝陽区東三環北路甲26号 博瑞ビルA座4階 D10

電話: +86-10-64710683

上海拠点:上海市閔行区浦星公路 800 号 中意国際ビル D308 室

電話:+86-21-60537628

メール:nar@china-reach.net

サイト:https://www.china-reach.jp

ラベル:

過去のニュース

  • サービスホットライン:+(86)-400-660-1329

    北京本部:中国北京市朝陽区東三環北路甲26号 博瑞ビル A 座4階 D10

    Tel: +86-10-6471-0683

    上海オフィス:中国上海市閔行区浦星公路800号 中意国際広場D308室

    Tel: +86-21-3478-3993

    広州オフィス:中国広州市番禺区興南ビル445号 合誠ビル6階612室

    Tel: +86-400-660-1329
    メール:nar@china-reach.net

    化学品法规前沿

    WeChat公式アカウント:
    「化学品法规前沿」
  • オンラインメッセージ

  • Service

    WeChat公式アカウント
    化学品法规前沿